ヘアケアを節約するのは大間違い!

私は、ヘアケアには相応の予算をかけることにこだわっています。

これまで、ドラッグストアで買った特売のシャンプー&トリートメントなど、安く済ませていた時期もあったのですが、結局、パサついたり、髪に合わなかったりして、追加でヘアオイルを購入したり、定期的に美容院に行って、プロの手でトリートメントをしてもらったり。

なにより、髪がバッチリ決まらないと、テンションも上がらないですよね。
1日のモチベーションも大きく左右する、大問題。

そんな私がここ数年使い続けているのは、ラ・カスタのヘアソープ、ヘアマスク、ヘアエマルジョン。

ラインづかいをすることで、劇的に髪質が変化するのです!

朝起きたときの、髪のまとまりも全く違うので、寝起きのヘアケアも楽ちん。

ということは、それに伴い、朝のヘアケア商品にかかるお金も大幅減。
どうですか!?

シャンプー、トリートメント、ヘアオイルにしっかりとお金をかけることで、総合的に節約につながるのです!

ヘアオイルはエメリルオイルがオススメ(http://www.mbc-gourmand.com/)なんですけどね。

そして、気分も上がる!

一石二鳥どころではないですよね。

ラ・カスタは、その時々の髪の悩みにぴったりと寄り添ってくれるラインナップがそろっているので、悩みにより、使い分けも可能。

髪が元気なら、メンタルも元気、まさにこういうことだと思います。

スキンケアに関する自分なりのこだわり

若い時は肌が綺麗なので、スキンケアを怠っていても、そうそう気になりませんよね。
ただ年齢と共に肌も年を重ねて行くので、日頃のスキンケアは必須!
スキンケアに関する私のこだわりをご紹介します。

◎品質で選ぶ!
私はブランドでは選びません。
若い時は、スーパーで目に付いたものを買っていて、面倒でそれすらつけなかったりと言うこともありましたが、年を重ねてからは良く調べたり、友達に聞いたりして選ぶようになりました。
今では、友達から紹介して貰った海外のメーカーの天然に近い製品を選んでいます。
余計な添加物や石油系のもの入っていない、肌に優しい化粧水、マッサージクリーム、美白クリーム、これだけです。

◎化粧はなるべくしない!
職業柄、化粧か必須なら仕方ないのですが、私はそれでも「皮膚が弱いので…」と言って(化粧をしたくないから笑)どの会社でもスッピンで仕事をして来ました笑←化粧必須と言われたのは1社だけでしたが。
スッピンに気づかない上司も居て、特に問題なかったです!
今も接客業に付いていますが、スッピンです!
また化粧をしていたら、帰宅して直ぐに落とすことをオススメします。
皮膚も呼吸しているので、そこにコンシーラー、ファンデーションなど塗るのは、やはり余り良い事ではないと感じています。

◎洗顔は優しく
洗顔フォームに絶対スクラブ(つぶつぶ)の入ったものを選ばない方が良いと個人的にはそう思います。

「ネオちゅらびはだ」はなかなかのおすすめ商品。
今はスクラブも塩や種子など、色々有るようですが、モノによってはマイクロビーズと言う、極小さなプラスティックが使われていて、それが入った洗顔料で洗顔すると、排水のフィルターを通り抜け、海へと流れ着き、魚が食べ、その魚を私たち人間が食べています。
スクラブは古くなった角質を取り除く為に使われていますが、プラスティックは人工的なものなので、肌に良いとは到底思えません。
歯磨き粉も同じですね。

そして洗顔はゴシゴシこすらず、泡立てた石鹸やフォームを顔に乗せ、そうっと丁寧に円を描くような要領で洗って下さいね。
身体を洗う時もそうですが、熱いお湯は皮脂も落とし過ぎてしまい、乾燥の原因になります。
水かぬるま湯で優しく。

◎シンプルなケアを
私は入浴時に洗顔し、上がったら直ぐに化粧水をたっぷりと。
その後、マッサージクリームで優しくマッサージして、乳液代わりの美白クリームで保湿するのみで大満足の肌に。

付けるものよりもすすぎを大切にしています

私の髪の悩みはくせ毛と痛みがひどいことです。いくらケアしていてもまとまりのないパサパサの髪に見えてしまいます。

そのため以前はヘアオイルをしっかり付けるケアをしていましたが、オイルはつけすぎるとベタベタしてしまい、パサパサ&ベタベタの髪で余計にお手入れができていない印象を与えてしまうこともありました。

そこで何かを付けるケアよりも、髪そのものを健康にすることに重点を置こうと考えました。

どんなシャンプーにすればよいかと情報収集をしてみましたが、シャンプーの価格はピンからキリまであり、美容室で買うようなシャンプーは効果があったとしても継続して使用できないので諦めました。

いろいろと調べた結果、「シャンプーやコンディショナーをよくすすぐ」という方法にたどり着きました。

方法は簡単です。いつも通りにシャンプーした後のすすぎのシャワーを今までの倍の時間をかけて行うことです。

泡を流した後もまだ髪の毛にぬるぬるしたシャンプーの成分が残っています。頭皮も同様です。

時間をかけてしっかりと流します。さらにコンディショナーも同様にしっかりとすすぐことを心がけます。

また、コンディショナーを付ける際には頭皮から数センチ部分には塗らないよう心掛けています。コンディショナーはシャンプーよりもすすぐのに時間がかかりますし、髪の根本ではなく毛先をケアすれば十分だからです。

すすぎをしっかり行うようにしてからは、ヘアオイルをつけなくてもドライヤーする際の髪の絡まりがなくなりました。以前はエメリルヘアオイルを使っていました。髪が濡れているのにも関わらず、するすると指が通るようになりました。

髪も丈夫になってきたように感じます。

今では日焼けや強風などで髪が傷んでしまったなと感じた日にのみオイルを付ける程度で済むようになりました。特に新たな商品を買う必要もなく手軽に試せる方法ですのでおすすめです。

シミを消してくれるシミ取り化粧品はない

シミが出来ると、化粧品で何とかしようとしていませんか?

私も、ケシミンを始めとする、シミに効果があるとうたった製品をいくつも試しました。

でも、あれらのパッケージの説明をよく読んだことがありますか?

「シミを消します」とも「シミを薄くします」とも書かれていないのです。

「シミを予防する」としかかかれていません。

そう、世の中の化粧品や薬品で、できたシミを消したり薄くできるものはありません。

シミというのは、紫外線の刺激によって皮膚に形成され、それを薄くしたり目立たなくできるのは、皮膚のターンオーバーの働きしかないのです。

すなわち、自然治癒しかない、ということです。

世間で出回っているシミ取りクリームや化粧水などは、「新たにできるシミを予防する」効果があるものであり、すでに出来てしまったシミを消す力はありません。

すでに出来てしまったシミを何とかしたい、と思うのであれば、ハイチオールCなどの医薬品がお勧めです。またシズカゲルなど芸能人に人気の商品もおすすめです。

美白効果のある医薬品は、皮膚のターンオーバーの力が落ちた年齢の人でも、速やかなターンオーバーが行われるよう促す効果があるものです。

よって、皮膚が速やかに新しいものに変わっていき、結果としてシミがどんどん薄くなることが期待できます。

価格も1か月分で2~3,000円と、美白効果をうたう化粧品を買うのと大差ありません。

私も今までシミ取り化粧品にお金をかけてきましたが、今は美白効果のある医薬品にシフトしています。

シミが薄くなるだけでなく、正常なターンオーバーが行われるために皮膚の状態が良くなり、一石二鳥の効果です!

スキンケアに関する私なりのこだわりについて

肌のコンディションは、女性にとって気分を左右される大切な要素であると思います。肌の調子がいいと1日気持ちよく過ごすことができるし、ちょっと吹き出物や肌荒れが出来てしまうと1日なんとなく気分が晴れないものです。

そういった事態をなるべく少なくするために、私がスキンケアでこだわりを持っているのは『自然に任せる』ということです。

具体的には、食べ物や飲み物に気を使って体の自然な能力を呼び覚まし肌をなるべく綺麗な状態に保つこと、そして自然な化粧品類を取り入れて肌への負担を減らすということです。

肌は体の排泄器官とも言われる通り、油っぽい食べ物や添加物の多いものを食べ続けると覿面に状態が悪くなってきます。

不自然に加工された食べ物はなるべく避け、飲み物も水や白湯をたくさん飲むようにすると、肌はとても綺麗になります。

外からのスキンケアに関しても同じようなことが言えます。

私が気に入ってよく使っているのは、セサミオイルです。

もちろん他の天然油でも代用することができますが、セサミオイルが一番伸びや肌への浸透がいいので使い勝手が良いです。

これをボディオイルやマッサージオイルとして使ったり、メイク落としに活用したりします。

もちろん髪に使うこともおすすめです。人工的なものを使うよりも肌への負担が少なく、更に肌の自然治癒力を活性化させてくれる作用があるので大変おすすめです。

化粧水や乳液の後、一滴だけ手のひらでよく伸ばし顔に塗布すると、上質な美容液代わりにもなります。

肌を叩かない刺激を避けるスキンケアが良いはず

スキンケアでいつも気をつけているのは肌を叩かないこと。

肌の引き締めにパッティングが良いなんて言われていた頃は毎日朝晩化粧水をつけながら顔をパンパン叩いてて・・・。

あの頃そんなことさえしていなければわたしの肌はもう少しキレイだったのかな~と思うとちょっと悔しい。

わたしが顔をパンパン叩く音が目覚まし代わりになっていた家族がいたのだからかなり強く顔を叩いていたのでしょう・・・。

続けていると叩く刺激に慣れてしまって、ちょっと叩いたくらいでは気持ち悪く肌が赤くなるくらいまで叩いてちょうど良かった記憶があります。

昔は肌をこうやって叩くことが悪いことだなんて誰も言わなかったんですよ・・・。

それどころか、雑誌でもテレビ番組でも水洗顔しながら肌をパンパン叩くのがスキンケアになるとそれを薦めていました。

だからわたしもなにも疑うことなくスキンケアのひとつだと、水洗顔中にパンパン、化粧水をつけてパンパンと肌を強めに叩いていて。

最近は肌を強く叩くと毛細血管が切れたり弱ったりするからという理由でパッティングは勧められていないですね。

今は洗顔でもメイクでもとにかく肌にムダな刺激を与えないことを考えて過ごしていますよ。

 

「良い加減」のスキンケアを早く見つけてみましょう

スキンケアで気をつけていることは、肌を甘やかさないけど肌をいじめないこと。

肌を甘やかすことの代表は基礎化粧品の使いすぎですね。

化粧水つけて、乳液つけて、美容液つけて・・・みたいな。

こういう過剰なスキンケアをやめてみるだけでも肌自身が頑張って自然な脂を出すようになりますよ。

基礎化粧品を使いすぎていると肌がそれに甘え、自分のチカラで必要な脂まで出そうとしなくなります。

やり過ぎても肌に悪いしやらなすぎても悪いからバランスを考えなければならないけど、これもやっているうちに加減が分かってきます。

何でも「良い加減」を見極めるのが上手くいくコツ。

「いいかげん」ではなく自分にとって最適の加減を早く見極めることが大事です。

もう一つ肌にとって悪いのは肌を自然のまま放置してしまうこと。

子供は素肌のままが1番ですが、ある程度の年になったら素肌のままが1番キレイなんて思わない方がいいでしょう。

メイクは大人女性のたしなみでもありますよね・・・。

だからメイク前のスキンケアも当然必要になります。

ちょっと適当でも手をかけている肌と手をかけていない肌は一目瞭然。

大人になったら早く良い加減を覚えて少しでもスキンケアをしましょうね。

良質なスキンケアには家族の協力も不可欠です

毎日のスキンケアの大切さについては、女性であれば取り立てて説明する必要もないほどの関心事といえるでしょう。

いくらメイクアップやヘアスタイルがばっちりと決まったとしても、肝心のスキンケアがお粗末であっては、宝の持ち腐れともいえます。

私自身のスキンケアは、とにかく時間をかけてゆっくりとすることに尽きます。

主人や息子など、家族からは呆れられることもしばしばですが、決して妥協をすることはできません。

私のスキンケアは、前日の夜から始まります。

いくらハードな仕事をして、疲れやストレスがたまっていたとしても、必ずその日のうちにクレンジングをしっかりとすることが重要だと考えています。

主人や息子がお腹を空かせて待っていたとしても、クレンジングを優先させることがポイントです。

そういう意味では、家族の協力をとりつけることから始めるべきなのかもしれません。

そして、寝る前には定期的にパックをして潤いや水分を保つように心掛けています。

一時期、炭酸パックにハマったこともありますが、決してお勧めすることはできません。

意外にも高価格な割には、効果が極めて限定的といわざるを得ません。

コスパの良いコスメを選ぶことにもこだわっています。

気軽に使いたいシミ取りクリーム

日焼けには気をつけているけれど、つい焼けてシミができたとか、昨年の夏できたシミがまだ取れないという時は、シミ取りクリームを使うのがお勧めです。シミ取りクリームというと、何か薬のようなイメージがありますが、今は普段のスキンケアに組み込んで使えるようなタイプの物も、多く発売されています。

特にトラネキサム酸やハイドロキノンを配合したアイテムは、できてしまったシミを消すのに大変効果があります。またその他に、アルブチンやビタミンC誘導体などでも、シミを薄くする効果がありますので、使っているうちに、コンシーラーのいらない肌になることも可能です。

またシミ取りクリームと言っても、クリームだけではなく、美容液のような軽い感触の物もあります。また中にはトライアルセット、サンプルがある物も多いので、それを試してみて感触がよさそうであれば、使い続けるということもできます。それから同じシリーズで化粧水や乳液がある場合は、一緒に使った方が相乗効果を得ることができます。

しかし美白関係は値段が高いから、なかなか手が出ないと思っている人もいるかもしれません。そのような人は、ドラッグストアでお手頃価格で手に入る物がお勧めです。中には肌が敏感な人向けのシミ取りクリームもありますので、敏感肌でなかなか合う化粧品がないという人も、安心して使うことができます。

ニキビケアにおすすめスキンケア

ニキビケアでおすすめなスキンケア方法は、プロアクティブです。

 

有名で人気も高くなによりニキビに特化したケア用品です。

 

中学の頃から高校卒業の頃くらいまでニキビに悩まされてきました。

 

その頃はなにも知識がなく気になるニキビをつぶしてしまったり赤ニキビを触り炎症をおこしてしまったりした日々を送っていました。

 

親に相談し食生活の見直しをし少しはましになりました。

 

しかし社会人になった頃、またしてもニキビができはじめ食生活の見直しをする時間もなく悩んでいたときCMでプロアクティブを知り購入しました。

 

初めは興味本位と芸能人の口コミなどを信じ試していただけでしたが、使用するたびにニキビが少しずつ減っていくことに驚きました。

 

有効成分が効いている感じがして、どちらかというと肌用の塗り薬をぬっているような感覚がします。

つけ心地もよくのびもあるため塗りやすく使いやすいことにも注目なスキンケア用品だと思います。何日か使い続けると肌が変わってきたような気がします。

今まで悩んでいたことが嘘かのような驚きと治りにくいやっかいな大人ニキビにでも効き目があるのですごく良いと思います。

 

今ではニキビケアには欠かせないケア用品のひとつとなっています。

 

もしあなたがシミを気にしているなら、シミ取りクリームについて書かれているサイトをご覧になってみると良いですよ。

 

良く聞くコスメから普段めったに聞かないけど効果の高そうなコスメまでいろいろ紹介されています。